2008-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレマチスの二番花 - 2008.08.26 Tue

クレマチスの二番花が次々と咲きはじめました
20080826104615.jpg
ライムグリーンの花びらの中央に蕾がついたような花姿の白万重
寄り添うように2輪咲いていました
クレマチス:しろまんえ[白万重・アルバプレナ]1.7Lポット(原種系)
しろまんえ(白万重)の名のとおり、万重咲きともいわれるほど幾重にも花びらを重ねる八重咲き種です。前年の古い枝にも花を付ける新旧の両枝咲きです。この品種は雄しべが弁化した、テッセンの枝変わりです。咲き始めは薄い黄緑色で、開花すると白くなります。新梢から伸びた側枝に次々と花をつけ、約2ヶ月間咲きつづけます。四季咲き性で花もちがよく、花後に剪定すれば晩秋まで咲きつづけますが、寒さには弱いので、寒冷地では防寒が必要です。

タイプ:キンポウゲ科の耐寒性多年草(つる性)
草丈:3m
花径:5~10㎝
花色:白色
開花期:5~11月
植付け適期:9月半ば~10月と2月~3月が最適、または4月~7月に
花のつき方:新・旧両枝咲き(前年の枝に咲いて、また新しく伸びた枝の側枝にも花を付ける)
剪定:任意(中)剪定
 ・花後の剪定:今年伸びた枝の半分をカット。数本枝があるときは、剪定の強弱で開花の時期が多少ずれるので、1つの株で長く楽しむことができる。
 ・2月の剪定:冬季充実した枝には花芽が付いているので大きな花を咲かせたいときは枝を整理して、花数を調整してもよい。
20080826104610.jpg

こちらはジリアンブレイズが咲きはじめるところです花びらの回りにフリルが入るのが特徴
春のお花は大輪ですが、今回は少し小ぶりなようです

クレマチス:ギリアン・ブレイズ3~3.5号ポット(パテンス系)
白花で、花弁の縁にフリルが入る優雅な大輪花です。

タイプ:キンポウゲ科の耐寒性多年草(つる性)
草丈:約2.5m
花径:15~20cm
花色:白
花芯:黄色
開花期:5~10月
植付け適期:9月半ば~10月と2月~3月が最適、または4月~7月に
花のつき方:旧枝咲きの早咲き系(前年の旧枝に花がつく)
剪定:弱剪定
 ・花後の剪定:花柄を摘み取る。新梢を2節残してカット。
 ・2月の剪定:古枝に花芽を持っているので、枯れた枝を取り除き、芽の先端を剪定する程度。

スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2カウンター

プロフィール

Author:ネージュ♪
北海道で、大好きな薔薇や宿根草を中心に、カラーリーフやグラスを使いお花が咲いてない時も楽しめるナチュラルガーデンをめざしています☆.。.:*・°


blogram投票ボタン

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

今日の日付入りカレンダー


07 ≪ 2008/08 ≫ 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
*****↓削除ここから↓****
取説は作者ブログ
「更新履歴」内リンクへ。
*****↑削除ここまで↑*****

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。